2018年01月18日

慰霊法要にて

阪神淡路大震災から23年が経ち、今年も御菅地区の慰霊法要が行われた。
今年はあいにくの雨が降っていたが寒さは無く、手袋なしで大丈夫でした。

今年の藤井僧侶(曹洞宗の僧侶で毎年お経をあげられている)の法話は、
精神科医の方と話した事を話された。

阪神淡路大震災で家族を亡くされアルコール依存症になった患者のこと
そして『縁』について
生きている者は、亡くなった者との縁を感じ、それを通じてさらなる縁が繋がることに感謝すること。

この日だけ会う人がいる。

なぜ、この場所に立つのか?

この時、教科書で見た建物の倒壊が起こり、夢を抱いていた建物が凶器になることを知ったのだ。

建築設計生業としている者には、どうしてもこの時間は大切なのです。





同じカテゴリー(diary)の記事
 住人十色で (2018-02-03 21:22)
 家づくり#01 (2018-02-02 04:40)

Posted by ひとやすみ けんちくか at 09:57│Comments(0)diary
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。